東京タワー水族館 スタッフブログ

東京タワーの1階にある水族館です。 カワイイ海の生き物から世界中のナマズ、古代魚、ピラニアに爬虫類…深海生物も!?魚のお食事タイムは毎日開催中〜!
最高難度かもしれません
0

    こんにちは!ブログ恒例の「どこに生き物がいるでしょう?」です(笑)

    判りますか〜?

     

     

     

    この砂の上にいるんです!

     

     

     

    ここ!保護色になっているので囲ってみても判りにくいですが、小さなナマズ

     

     

     

    ハラ・ジェルドニーが展示水槽に仲間入りしました

     

     

     

    この指先に乗りそうな小ささ!

    成長しても3cmくらいなので、もうこれで大人サイズなんですね〜

     

     

     

    色々見付けにくい生き物を飼育していますが、

     

     

     

    おそらく当館で

     

     

     

    最高難度の見付けにくさかもしれません…

     

    | アジアゾーンの生き物 | 12:15 | comments(0) | - |
    PVとかライブカメラ
    0

      夏の間にこんなものができてました!

       

      日中は寝ていることが多いヒョウモントカゲモドキを見られる、ライブカメラです!

       

       

       

      うまくいけばこんな無防備な寝姿が見られるかもしれません!

       

       

       

      それと水族館のプロモーションムービーもできました。水族館の入り口モニターで流れています!

      ツイッターにも載せてあるのでぜひご覧ください〜

      https://twitter.com/TTA_info

       

       

      | お知らせ! | 18:05 | comments(0) | - |
      ニョロニョロばっかりです
      0

        先日載せたダディブルジョリィ・ハチェットバルブ以外にも、新たな生き物が展示されていますよ!

         

        例えばドジョウの仲間、ポルカドット・ローチや、

         

         

         

        同じくドジョウの仲間、アンジェリカス・ボティア(模様がきれい!)、

         

         

         

        レッド・スパイニーイールに、

         

         

        グリーン・スパイニーイール。

         

         

         

        そして南米に棲む肺魚のレピドシレン・パラドクサも展示デビューしました!

        鉛筆くらいの大きさから1年かけて育てて、30cmを超えました!やっとデビューできた、と言う気持ちです〜。

         

         

        それにしても、最近展示された生き物はニョロニョロしたヤツばっかりですね〜(笑)

         

        | アジアゾーンの生き物 | 13:20 | comments(0) | - |
        1ダディブルジョリィ、2ダディブルジョリィ、3ダディブルジョリィ
        0

          思わず読みたくなるワードってありますよね。

          「ポリプテルス・エンドリケリー・エンドリケリー」とか「ドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ」とか「プロトプテルス・エチオピクス」とか。

           

          水族館で"早口言葉にできそうな、言いにくい名前ナンバーワン"は「スキアエノクロミス・フライエリー」でしたが、その牙城を崩すニューカマーがやってきました!

           

           

           

          水族館のニューカマー(新人)が撮影したその魚がこれだっ!

           

           

           

          いや速い!!残像!!

           

           

           

          あー!あと少し!!

           

           

           

          捉えた!!

          ダディブルジョリィ・ハチェットバルブと言います!!

           

           

           

          小さい上(メダカくらいの大きさ)にすばしっこいので見るのも一苦労ですが、金色、紫となかなかキレイな魚です!

          学名Laubuka dadiburjoriの"dadiburjori"は、人の名前(ダディブルジョアさん?)から来ているようです。

           

          館内で見付けたら、ぜひ「1ダディブルジョリィ、2ダディブルジョリィ、3ダディブルジョリィ…」と数えてみて下さい!

          噛むこと間違いなし!

           

          ちなみに「ポリプテルス・エンドリケリー・エンドリケリー」と「プロトプテルス・エチオピクス」は水族館で飼育している生き物の名前ですが、「ドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ」は元横綱の朝青龍のお名前でした。

          こちらも噛むこと間違いなし!

          | アジアゾーンの生き物 | 16:13 | comments(0) | - |
          ヘコアユの…!!
          0

            「あっ!タツノオトシゴだ!」

            と、変わらずお客さんに人気のタツノオトシゴですよ〜。

             

             

             

            しかし今回登場するのは、同じ水槽に暮らすヘコアユ。

            頭を下にして泳ぐ変わった魚ですね。

            いまいち注目されなかった彼らですが、ついに!スポットライトを浴びる(ブログに登場する)日がやってきました!

             

             

            …お気付きでしょうか?

             

            何と今回、このヘコアユのうんちシーンを見てしまったのです…!

            ここです!

             

             

            ここから出てくるのか!と何だか感心していまいました(笑)

             

             

            頭が下になっているのと半透明なので判りにくいですが、ヘコアユのひれはこうなっているんです。

            ひれの位置と形もちょっと変わっていますが、こうして見ると他の魚と同じところからフンをするんですね〜。

             

             

             

            という事で、タツノオトシゴだけじゃなくて、ヘコアユ観察も忘れずにお願いします!

             

            | 海水ゾーンの生き物 | 19:18 | comments(0) | - |
            最近のニュース
            0

              気が付けば6月…!

              久々の更新になってしまったので、最近のニュースをおさらいします〜!

               

               

              .船鵐▲淵歓總紊梁臍歃をしてみたら…

               

               

              チンアナゴ水槽の大掃除をしました!

              砂を全部出して、水の流れるパイプも解体して大がかりです!

               

               

               

              掃除中のチンアナゴたちはこんな感じ。

              行き場をなくして、残った砂に隠れていました。

               

               

               

              するとハプニング!砂の中からウミケムシが出てきました!!

              触ると人間の皮膚もかぶれる体をしているので、できればいて欲しくない生き物なんですよね…

               

               

               

              そんなハプニングもありましたが、無事掃除が終わりました〜。すっきり!

               

               

               

               

               

              ▲ラ・ルファいつのまにか誕生!

               

               

              ドクターフィッシュこと、ガラ・ルファの稚魚が水槽の中を泳いでいました。

              いつの間に!?全然気づきませんでした(笑)

              バックヤードで育てています!

               

               

               

              新展示「アホロートル水槽」完成!

               

               

              水族館入ってすぐの両生類・は虫類ゾーンの水槽が新しくなりました!

               

               

               

              主役はこの生き物!

               

               

               

              そう、ウーパールーパーです!

              ゴールデン、マーブルなどいろんな色の子がいますよ〜

               

               

               

               

               

              ぅ譽奪疋献絅┘襦Ε轡リッド産卵

               

               

              アフリカ河川水槽のレッドジュエルが産卵しました!

               

               

               

              と喜んでいたら数日でふ化!数百匹の稚魚が泳いでいました!

               

               

               

              今はバックヤードで育てています!

               

               

              ブログを書いている間に「あ、あれもあったな〜」と思い出した話もありました!

              また追って書きたいと思います〜!

              | ヨーロッパ・アフリカゾーンの生き物 | 15:39 | comments(0) | - |
              何匹いるかな??
              0

                大掃除をしてキレイになったアマミシリケン・テラリウム水槽ですが、シリケンたちは何匹いるでしょう?

                現在写っているのは6匹!じゃあエサをあげてみまーす!

                 

                 

                エサは丸のところです!

                7匹に増えましたがまだ気付いていないですね〜。

                 

                 

                 

                奥から出てきました。8匹!

                 

                 

                 

                岩の下にいたかな?9匹です!

                 

                 

                 

                エサの匂い目がけて集まってきました!10匹!

                 

                 

                 

                奥の方で「匂いはするのに…」と迷ってる子たちを尻目に食べてます!これで11匹!

                 

                 

                 

                あれ?全部で12匹いるはずですが(苦笑)

                普段は石の上や奥に隠れていることもあるので、じっくり探してみて下さい!

                 

                 

                 

                (カメラを片付けた後に最後のマイペースな1匹が出てきました!)

                | アジアゾーンの生き物 | 13:52 | comments(0) | - |
                何でそうなるかな〜?
                0

                  バックヤード水槽では、本当にちょっとしたハプニングが起きるんですよね〜。

                   

                   

                   

                  ん…?

                   

                   

                   

                   

                  ここではすき間に挟まって動けなくなってるヤドカリが…

                   

                   

                   

                  そしてこっちでも。

                   

                   

                   

                  水温計の浮力で体を持ち上げられてるヒトデ…

                  なんでそうなるかな〜(笑)

                   

                   

                   

                  最近こんなことが多い気がします…(笑)

                   

                  | 水族館のウラ話!? | 18:01 | comments(0) | - |
                  オオグソクムシの脱皮続報です
                  0

                    館内にはイラストがたくさん貼られていますが、これはイラストの得意なスタッフが描いたものです。

                    本物そっくりなものから可愛くデフォルメされたものまで、個性豊かなイラストたちです。

                     

                     

                     

                    最近一押しのイラストはこれです!さて何の魚でしょう〜?

                    ヒントは猛毒を持つ魚ですよ。海水ゾーンを探して見て下さいね。

                     

                     

                     

                    あ、正解が見えてますが…水族館にお越しの際は、生き物はもちろん、スタッフ力作のイラストもご覧ください!

                     

                     

                     

                    さて先日脱皮したオオグソクムシの続報です。(その時ブログはこちらですhttp://ttablog.jugem.jp/?eid=232)

                    残っていた前半分も脱皮しました!触覚まできれいに残っていますね。

                     

                     

                     

                    脱皮した後ろの殻と合わせてみました。

                     

                     

                     

                    乾燥して形が崩れてしまいましたが、何となく雰囲気は伝わるでしょうか?

                    今後はこの殻も展示できればな〜、と思っています。

                     

                    | 海水ゾーンの生き物 | 18:23 | comments(0) | - |
                    ピラニアの手術後経過
                    0

                      2015年2月にエラの切除手術をしたブラック・ピラニアの術後経過です。

                      当時、このようにめくれてしまった鰓蓋(えらぶた)の一部を切除しました。

                       

                       

                       

                       

                      それから2年が経過し、鰓蓋はこの様になりました。

                      一部は再生しましたが、完全に元通りとはなりませんでした。

                       

                       

                       

                      角度によっては気にならないのですが、納得がいかず…です(苦笑)

                       

                       

                       

                       

                      大きさは当時15cmでしたが、

                       

                       

                       

                      25cmまで成長しました。体の厚みも増して威圧感が出てきました。

                      この調子で50cmを目指したいですね!

                       

                       

                       

                       

                      ピラニアの成長記録をもう一つ。

                      水族館生まれのピラニア・ナッテリーも、2015年9月当時から比べると、

                       

                       

                       

                      ここまで成長しました。と言っても分かりにくいですよね?

                       

                       

                       

                      近いアングル(同じ流木が写っています)だったので、2枚の写真を合わせてみました。

                      多少は分かりやすくなったでしょうか?

                      5、6倍は成長しています。少し水槽が窮屈になってきました…!

                       

                      | アメリカゾーンの生き物 | 13:46 | comments(0) | - |
                      最新記事
                      カテゴリー
                      今までの記事
                      カレンダー
                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>
                      プロフィール
                      リンク
                      モバイル
                      qrcode